EVENT

追加イベント「図録揮毫(きごう)会」

日時 6月9日(土)、10日(日)、20日(水)、21日(木)
①11時30分~12時30分
②14時30分~15時30分
内容 本展の展覧会図録に、東大寺の僧侶の方からお言葉を書き込んでいただきます。すでに購入済みの図録を持参いただくか、当日図録(2,500円)を購入ください。
会場 東北歴史博物館 1階 エントランスホール

追加イベント「ギャラリートーク~担当学芸員オススメの一品~」

日時 6月14日(木)、15日(金)、19日(火)
11:00~ 15:00~(各30分程度)
内容 地元宮城の資料をもとに、東大寺と東北の深いつながりや、東北の復興について解説します。
6月14日(木):「白石和紙と東大寺」
15日(金):「陸奥国府多賀城の復興」
19日(火):「陸奥国分寺の十二神将」
講師 東北歴史博物館 学芸員
参加費 無料(ただし、本展の観覧券が必要)、開始時間までに会場内の第Ⅱ部展示室前にお集まりください。

「仏像大使」トークショー

みうらじゅん氏

みうらじゅん氏

いとうせいこう氏

いとうせいこう氏

日時 4月28日(土)13時30分~15時
出演 イラストレーター みうらじゅん氏
作家・クリエーター いとうせいこう氏
会場 多賀城市文化センター 市民会館小ホール(多賀城市中央2-27-1)
定員 450名
参加費 3,000円(税込、展覧会鑑賞券付き)

※参加チケットは完売となりました。当日券の販売は行いません。

本展の仏像大使に就任したお二人は、展覧会オリジナルグッズの開発や音声ガイドの出演などの活動を予定しています。

講演会

1.「重源上人模刻像制作秘話」
日時 4月28日(土) 10時30分~12時
講師 華厳宗管長・第222世東大寺別当 狹川 普文師
彫刻家 三輪 途道氏、日本画家 篠崎 悠美子氏
2.「鎮護国家と東大寺」
日時 5月13日(日) 13時30分~15時
講師 東北大学大学院准教授 堀 裕氏
3.「東大寺の彫像 -鎌倉復興期の作例を中心に-」
日時 5月27日(日) 13時30分~15時
講師 奈良国立博物館 上席研究員 岩田 茂樹氏
4.「写真家から見た東大寺の魅力」
日時 6月3日(日) 13時30分~15時
講師 写真家 三好 和義氏
5.「貞観地震と東北の復興」
日時 6月17日(日) 13時30分~15時
講師 東北学院大学教授 佐川 正敏氏

※講演会会場・定員・参加方法等

会場 東北歴史博物館 講堂
定員 280名
参加費 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

学芸員による展示解説

日時 会期中の毎週水曜日 13時30分~14時30分
講師 東北歴史博物館 学芸員
会場 東北歴史博物館 講堂
定員 280名
参加費 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

写経体験

写経体験
日時 4月28日(土)、5月20日(日)、6月9日(土)
13時30分~15時
協力 華厳宗大本山東大寺
会場 東北歴史博物館 研修室
定員 40名
参加費 有料1,500円(税込、東大寺監修・写経セット実費代)
当日先着順(ただし、高校生以上対象で本展の観覧券が必要)

※会場に写経セットならびに、筆(中筆・小筆)、硯、墨汁、文鎮をご用意しています。
ご自身で使い慣れた筆等を持参いただいても結構です。

砂金採り体験

日時 5月12日(土)、5月19日(土)、5月26日(土)
10時~、11時~、13時30分~、14時30分~(所要時間30分)
会場 東北歴史博物館 北側広場
定員 各回40名
参加費 無料、当日先着順(ただし、小学生のみ対象で本展の観覧券が必要)

「多賀・光の多面体」~古代と現代を結ぶオペラティックナイト

日時 5月4日(金・祝)、5月5日(土・祝)
18時30分~20時30分
内容 光のアート・歌・舞・劇を融合し、「もののあはれ」の世界観を表現する舞台公演。
出演は能楽師 津村禮次郎氏ほか
詳細はこちら 》
会場 東北歴史博物館 水上ステージ前
参加費 無料(ただし、本展の観覧券が必要)

※当日は21時30分まで展覧会をご観覧いただけます。

奈良と東北の子どもたち交流コンサート

日時 6月10日(日) 13時30分~15時
内容 広がれ復興の輪。岩手・宮城・福島・奈良の子どもたちが、東北と奈良のわらべ歌を歌います。
会場 東北歴史博物館 講堂
定員 280名
参加費 無料、当日先着順(ただし、本展の観覧券が必要)

「東大寺と東北」展 関連企画
『渡辺貞夫クインテット2018 復興への祈り~そして未来へ』

日時 6月20日(水)19時~20時30分(開場18時30分)
出演 渡辺貞夫クインテット2018
渡辺貞夫(as)林正樹(pf)コモブチキイチロウ(b)竹村一哲(ds)ンジャセ・ニャン(per)
詳細はこちら 》
会場 多賀城市文化センター 市民会館小ホール(多賀城市中央2-27-1)
定員 400名
参加費 4,000円(税込、展覧会鑑賞券付き)
※全席自由・未就学児入場不可
ローソンチケット(Lコード21527)または多賀城市民会館窓口で参加チケットを購入ください。
販売期間は、4月28日(土)10:00~

東大寺大仏殿パノラマツアー

日時 会期中の毎週土・日曜日、祝日
内容 ヘッドマウントディスプレイで大仏様を見上げながら、ぐるりと一回り。上下前後左右360°視野全体に広がる光景~
大仏殿を訪れた体験ができます。
詳細はこちら 》
会場 東北歴史博物館 森のピロティ(南側)
対象 7歳以上(7歳以上13歳未満の方のご体験には保護者の同意が必要)
参加費 無料(ただし、東大寺展の観覧券が必要)

物産展(地元の名産品・土産販売)

日時 会期中の毎週土・日曜日、祝日
会場 東北歴史博物館 博物館北側特設ブース

関連イベント 三好和義・東大寺写真展

日時 5月25日(金)~6月6日(水)10時30分~18時
※5月31日(木)は休館
内容 奈良・東大寺の美しい風景の写真展を開催するほか、仏像大使・みうらじゅんさん手書きのイラストで、ぬり絵を楽しむお子様向けのコーナーもあります。
会場 仙台縁日(仙台市青葉区中央2丁目1-18 クリスロード商店街内)
参加費 無料

関連行事「東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈り」

日時 5月19日(土)
会場 瑞巌寺(宮城県宮城郡松島町松島町内91)
主催 華厳宗大本山東大寺、鶴岡八幡宮
参加費 無料
※参加申込方法など詳細はこちらまで。
2泊3日 「東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈り」「東大寺と東北展」「花の襖絵展」をめぐる旅

関連企画:三好和義写真展「天平の楽園・東大寺と正倉院」

日時 2018年7月3日(火)~7月13日(金)
午前9時30分~午後5時30分(最終日は午後3時まで。受付は終了30分前まで)
内容 世界各地の「楽園」をテーマにした写真で有名な写真家の三好和義氏ですが、近年は寺社仏閣など日本の文化にまつわる作品も発表されています。今回は、奈良・東大寺の美しい風景や仏像、正倉院の宝物を撮影した作品を展示します。東大寺本坊で開催する初めての写真展となります。
会場 東大寺本坊大広間(奈良県奈良市雑司町406-1)
主催 「天平の楽園」実行委員会
特別協力 華厳宗大本山東大寺
共催 日本経済新聞社
拝観料 大人500円(小学生以下無料)
お問い合わせ 0742-22-5511
主催

復興祈念−東大寺展実行委員会

(東北歴史博物館・河北新報社・仙台放送・日本経済新聞社・多賀城市)

共催 宮城県、多賀城市教育委員会、NHK仙台放送局
特別協力 華厳宗大本山東大寺
学術協力 奈良国立博物館
特別協賛

清水建設

杜の都信用金庫

協賛 岡村印刷工業、東北電力
PageTop