NEWS

2018.01.12

東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北―復興を支えた人々の祈り」

プレ講演会開催のお知らせ

華厳宗管長・第222世東大寺別当 狹川 普文師
趣旨 東大寺は仏教を通して国を安泰にすることを願って、聖武天皇によって奈良の都に建立されました。今日まで約1,300年の歴史があり、その間に二度も大仏・大仏殿をはじめ、多くの建物が焼失しています。最初は約840年前の源平合戦、二度目は450年前の戦国時代のことです。しかし、いずれも、時の天皇や将軍、さらには日本全国の民衆の協力を得て、多くの歳月と費用をかけて復興を成し遂げました。
講演会では数々の困難を乗り越えて今にいたる、東大寺復興の歴史を華厳宗管長・第222世東大寺別当、狹川普文師にお話いただきます。
日時 平成30年1月31日(水) 
14:30~15:30(受付は14:00)
演題 「東大寺における復興の歴史」
講師 華厳宗管長・第222世東大寺別当 
狹川 普文師
日時 平成30年1月31日(水) 
14:30~15:30(受付は14:00)
場所 東北歴史博物館講堂(宮城県多賀城市高崎1-22-1)
定員 280名+車イス利用者3名
参加費 無料
申込方法 ①住所、②氏名、③年齢、④電話番号、⑤参加人数(2名まで)を記入し、メールもしくはFAXで、1月23日(火)[必着]までに、下記の申込先へご応募下さい。
※車イス利用者席を御希望の方は⑤付き添いの方、⑥車イス席希望とご記入の上、ご応募下さい。
※申込者多数の場合は厳正な抽選を行い、当選の方には1月26日(金)までにメールもしくはFAXにて返信いたします。
※個人情報は本目的以外に使用いたしません。
申込先 東北歴史博物館情報サービス班
〒985-0862 宮城県多賀城市高崎一丁目22-1
メール:thm-service@pref.miyagi.lg.jp
FAX:022-368-0103
問い合わせ 東北歴史博物館情報サービス班
TEL:022-368-0106
※電話での受付は行いません。

2017.10.20

本展の記者発表会を東京・六本木で行いました。

(写真右)鷹野光行 東北歴史博物館館長 (中)狹川普文 華厳宗管長・第222世東大寺別当 (左)菊地健次郎 多賀城市長

(写真右)鷹野光行 東北歴史博物館館長
(中)狹川普文 華厳宗管長・第222世東大寺別当
(左)菊地健次郎 多賀城市長

2017.10.19

「東大寺と東北」展公式サイト公開しました。

主催

復興祈念−東大寺展実行委員会

(東北歴史博物館・河北新報社・仙台放送・日本経済新聞社・多賀城市)

共催 宮城県、多賀城市教育委員会、NHK仙台放送局
特別協力 華厳宗大本山東大寺
学術協力 奈良国立博物館
特別協賛

清水建設

杜の都信用金庫

協賛 岡村印刷工業、東北電力
PageTop